「きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう」と書き出す、太宰治の短編小説『十二月八日』。ある主婦を主人公に、真珠湾攻撃の一日を丹念につづる。「ああ、誰かと、うんと戦争の話をしたい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加