「信じられない」―。国営諫早湾干拓事業の開門問題に関し、佐賀県有明海漁協が開門しない前提の基金案の検討にかじを切った31日、開門の確定判決がある原告の漁業者や弁護団は困惑した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加