年男年女らがまく福豆をつかもうとする大勢の参拝客=昨年2月、佐嘉神社で豆まき神事

 暦の上では「立春」(4日)。まだまだ厳しい寒さが続いているが、少しずつ春の足音も聞こえ始める。やがて梅がかれんな花を咲かせ始め、各地で春を感じさせる伝統行事やイベントがめじろ押しとなる。

 3日は節分祭。鹿島市の祐徳稲荷神社、佐賀市の佐嘉神社や宝琳院など各地で豆まきがあり、1年の邪気を払う。恵方巻きを食べて福を招こう。今年の恵方は南南東。

 2月中旬から3月にかけて、ひな祭りイベントが各地で開かれる。昨年過去最多の13万人超が訪れた佐賀城下ひなまつりは11日に開幕する。ほかにも、有田町で有田雛のやきものまつり(10日から)、伊万里市で磁器ひいなまつり(17日から)、唐津市でひいな遊び(24日から)…。佐賀錦や磁器で作られたひな人形など、その地域ならではの人形も見どころだ。散策も楽しみつつ、自分だけのお気に入りを見つけてみては。

このエントリーをはてなブックマークに追加