鳥栖工

 田中 天盛(たなか・てんせい)3年間皆勤で成績優秀。多くの資格を取り、県陸上選手権400メートルリレーで準優勝した。「人生で一番努力した3年間だった」。トヨタ自動車に就職。鳥栖市柚比町。(機械科)

 宮川 泰輝(みやがわ・たいき)成績優秀でクラス役員を務めた。常に前向き。高校で始めたラグビーではナンバー8として活躍した。川崎重工業に就職。「早く知識を身につけたい」。福岡県小郡市。(機械科)

 菅原 生子(すがはら・いくこ)県製図大会で優勝し、溶接の九州大会に出場した。「人命救助ロボットなどのエンジニアになりたい」。愛知工業大へ進学し、夢実現へ突き進む。鳥栖市加藤田町。(機械科)

 中島 淳(なかしま・あつし)成績優秀で生徒会長を務めた。柔道部ではインターハイ出場などの好成績を収め文武両道を体現。「楽しく充実の高校生活だった」。九州電力に就職する。福岡県小郡市。(電気科)

 平山 碧人(ひらやま・あおと)カヌー部主将として県総体優勝。生徒会活動では体育祭、文化祭の運営に努めた。「これからもチャレンジを続けていく」。造船大手に就職。鳥栖市弥生が丘。(電子機械科)

 小柴 亮太(こしば・りょうた)明朗快活な努力家。たくさんの練習量をこなし3年時の国体レスリング60キログレコローマンで優勝。「オリンピック出場が夢」。実現のため日体大へ進む。鳥栖市元町。(土木科)

 森 智哉(もり・ともや)駅伝部エース。高校総体北九州3000メートル障害で優勝するなど活躍した。全国高校駅伝で8位入賞できなかった悔しさを胸に中央大へ。「夢は箱根駅伝優勝」。白石町。(建築科)

=定時制=

 久保 莉奈(くぼ・りな)学業と陸上競技を両立。副部長を務め3000メートルで優勝した。「あっという間の4年間。それくらい濃かった」と充実の笑顔。竹下コーポレーションに就職。鳥栖市水屋町。(普通科)

 笛田 尚椰(ふえだ・なおや)4年間皆勤で生徒会活動、資格取得に尽力した。生活体験発表では県定通教育振興会長賞を受賞。「頼りにされる人になりたい」。豊臣機工に就職する。吉野ヶ里町。(機械科)

 副島 光稀(そえじま・みき)常に明るいクラスのムードメーカー。生徒会で活躍し、卓球部で全国大会へ3回出場した。「温かい家族をつくりたい」。武井電気工業に就職する。佐賀市水ヶ江。(電気科)

佐賀工

 岡 利彦(おか・としひこ)資格取得に励み、バドミントン部副主将。文武両道に努めた。戸上電機製作所に就職する。「周りを気遣うことのできる視野の広い人間になりたい」。佐賀市大和町。(機械科)

 秋庭 澪(あきば・れい)陸上部で、2年時はハンマー投げで九州大会に進出した。佐賀大理工学部に進学し、「将来は教師など、もの作りの魅力を広められる職に就きたい」。佐賀市諸富町。(機械科)

 松本 純弥(まつもと・じゅんや)7人制ラグビー(セブンズ)の日本代表としてユース五輪アジア大会予選に出場した。明大でラグビーを続ける。「将来はプロになりたい」。佐賀市神野西。(電子情報科)

 副島 崚(そえじま・りょう)ロボット研究部でもの作りにのめり込んだ。工場機械製造のホンダエンジニアリングに就職する。「技能オリンピックに出たい」と目標を語る。小城市三日月町。(電子情報科)

 佐々木 健太(ささき・けんた)剣道の主将で、リーダーシップがある。「今の時代に絶対必要な電気に携わりたい」と九州電力に就職する。「まずは研修をしっかり頑張りたい」。佐賀市高木瀬町。(電気科)

 梅原 将人(うめはら・まさと)幼いころから大の電車好き。夢だった運転士を目指し、阪急電鉄に就職する。まずは駅員からのスタートで、「安心・安全な運行を心掛けたい」。佐賀市長瀬町。(電気科)

 江越 龍一(えごし・りゅういち)小学生の時から建築に関心があり、地元で働きたいと佐賀県庁の建築技術職に合格。「佐賀を活気づけるまちづくりに取り組みたい」と意気込む。佐賀市兵庫町。(建築科)

=定時制=

 坂本 千尋(さかもと・ちひろ)4年間皆勤。資格取得に努めた。3年の時、砲丸投げで全国大会に出場した。「幼いころから車好き」で、車の部品を生産する豊臣機工に就職する。佐賀市鬼丸町。(機械科)

 西村優太郞(にしむら・ゆうたろう)努力家で、成績優秀。居酒屋などのアルバイトにいそしんだ。東芝ITサービスでPC関係の運用に携わる。「慕われる人材になりたい」。佐賀市高木瀬町。(電気科)

このエントリーをはてなブックマークに追加