甲子園出場決定報告会であこがれの舞台での活躍を誓う犬塚晃海主将=伊万里市の伊万里高校

 春の選抜高校野球大会に「21世紀枠」で出場する伊万里高校野球部の出場決定報告会が31日、同校で開かれた。部員とマネジャー計36人が全校生徒の前で「甲子園で勝つ姿を見せたい」と憧れの舞台での活躍を誓った。

 体育館に全校生徒を集め、犬塚加代子校長があらためて出場決定を報告。野球部の犬塚晃海主将(17)=伊万里市瀬戸町=が「地域や保護者の皆さん、学校の生徒や先生、たくさんの人の支えによって叶えられた甲子園出場だと思う。ここで満足せず、一つでも多く勝つ姿を見せたいので応援よろしくお願いします」と述べた。

 報告会後、生徒会長の樋渡藍華さん(17)は「練習時間が短い中で甲子園行きを決めるなんてすごいと思う。全国の強豪相手に伊高らしい野球で立ち向かって初戦突破してほしい」とエールを送った。

 部員らは2月1日には、「甲子園プロジェクト」などで出場を後押しした市の塚部芳和市長を表敬訪問する。

このエントリーをはてなブックマークに追加