白石警察署の年末年始防犯パトロール隊「かささぎ隊」の出発式が同署であった。署員約30人のほか白石地区防犯協会などの関連団体、管内3町や農協からも参加し、年明けにかけての地域の安全安心に向けて団結した。

 高石利成署長が「管内では今年、事件事故は減少している。この傾向を確たるものにするため一丸となって頑張りたい」とあいさつ。地区防犯協会会長の山田恭輔江北町長は「皆さんの姿を町の至る所で見かけることが、犯罪の未然防止につながる」と激励した。

 参加者はパトカーや青パトなど車両約20台に乗り込み、管内3方面に分かれて出動した。

このエントリーをはてなブックマークに追加