贈呈のセレモニーを行う金原壽秀会長(左)と山口祥義知事=佐賀県庁

 JAバンク佐賀は30日、貯金残高が目標の1兆円を達成したのを記念し、佐賀県に100俵分の県産米計6トンを贈った。食を通して子どもたちの健やかな成長を応援するのが狙いで、「子ども食堂」の活動や子育てイベントなどで活用される。

 贈呈式で、JA佐賀信連の金原壽秀経営管理委員会会長から目録などを受け取った山口祥義知事は「NPOなどが子ども食堂で一生懸命子どもの居場所づくりに頑張っている。コメは子どもへの大切なプレゼントになる」とお礼を述べた。金原会長は「コメ離れで消費量が減る中、子どもたちにたくさん食べて親しんでもらいたい。多彩な県産農産物を知るきっかけにもなれば」と話した。

 贈呈品は、「1兆」と耕作面積を表す「1町」(1ヘクタール)の語呂合わせで、1町でのコメの豊作を例える100俵に決めた。県産米は必要に応じて随時提供する予定で、県では今後具体的な活用方法などを決める。

このエントリーをはてなブックマークに追加