地球の影に月がすっぽり隠れる「皆既月食」の観望会が31日午後8時半から、佐賀市西与賀町の市星空学習館で開かれる。日本では2015年4月以来の現象で、天気が良ければ月が赤黒い色に輝く姿を見ることができる。参加無料。

 同館によると、午後8時48分に月がかけ始め、9時51分に完全に隠れる。「皆既食」が1時間17分続き、11時8分に一部が影の外に出てきて、1日午前0時12分に元の状態に戻るという。

 観望会では、星空学習館の天文指導員が月食について説明。肉眼でも見ることはできるが、双眼鏡や望遠鏡を使って月の変化を楽しむ。同館は「今回を逃すと、夜中に最初から最後まで皆既月食を見ることができるのは22年11月になる。美しい冬の星座と一緒に楽しんでほしい」と語る。

 申し込み不要。高校生以下は保護者同伴で。天候不良の場合は他地域の様子をネット中継する。問い合わせは同館、電話0952(25)6320。

このエントリーをはてなブックマークに追加