■TANK 次はどこへ行こう。

 今回私は、自動車の広告ということで「どこへでも行ける」というようなイメージを思い浮かべ、キャッチコピーは「次はどこへ行こう。」にしました。そして背景を宇宙にすることによって、まるで本当に宇宙に行けるかのように想像できるようにしました。特に時間をかけたところは、背景の宇宙やその他の惑星を探し編集するところです。右側には車内の広さやコンパクトさを図で表しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加