■一日じゃ回れないタノシサがここに 楽しさいっぱいモラージュ

 年齢層も広く、モラージュ佐賀全体を意識したものにするために二つの要素を取り入れました。
 まず一つ目は、モラージュ佐賀にある数多くのお店や広さを表現するために「モラージュ」の「―」を長く伸ばして通路のようにしました。二つ目は、モラージュ佐賀といえば緑のイメージがあったため、「モラージュ佐賀」の文字の配色は緑にし、わくわく感や楽しさを全体的に出すために背景を淡いピンクにしました。
 一目見て、「モラージュ佐賀」とわかるような広告とは何かと考えた末、モラージュ佐賀という言葉よりも、モラ子を大々的に使う方向にしました。事前にいただいたモラ子ではポーズなどが構成にあまり合わないと感じたため、自作のモラ子を配置させていただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加