■ひらけ こころ

 私は相談しやすく、というよりは相談してみようという気にさせるように広告を作りました。そのため、キャッチコピーは直球で考えました。そこで、キャッチコピーを命令形でつくったので、少しでも柔らかく見えるように丸ゴシック体を使用しました。これにより、きついことを言われている感覚をなくすようにしました。
広告のイラストは、悩みを抱える人の元気なこころを見せてほしいというイメージで、人と背景は暗くして、こころをモチーフにしたハートマークだけは明るい色にしました。また、扉をつけることで「ひらけごま」のようなニュアンスで「ひらけこころ」と、とらえてもらえるようにしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加