■悩みを相談したら心が軽くなりました

 広告を制作するにあたって、相談して心が軽くなるということを狙って広告制作に挑みました。
 キャッチコピーは悩みのところを青に、心を赤にして目を引くようにしました。また、絵の雰囲気に合わせて字体はくずれているものを選びました。広告制作に使った素材はやわらかく、あたたかい雰囲気を出したかったので、水彩でぼかしという技法を使って表しました。作った広告で見てほしいところは、女性がこころを抱えてほっとしている表情を描きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加