■「うれしい。」を創造し、創りあげよう

 自分が描いた未来に向かって走り出そうとしているというイメージで大きな目をかきました。
 美容専門学校で、髪を切ったり、メーク、ネイル、着付けなどを学び、人をわくわくしてうれしい気分にさせてくれると思うので、全体的に幸せそうで、わくわくする気分になるように、髪を優しい色合いにしたり、カラフルにしたりして描きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加