小城

 品川 拓也(しながわ・たくや)1日も学校を休まずに生徒会や体育祭の応援リーダーなど学校行事に積極的に参加。「公認会計士になり企業を支えたい」と国立大の経済関係の学部を志望。多久市北多久町。

 陣内 聡(じんのうち・あきら)弓道部の副部長として部員をまとめ、県大会や九州大会で活躍。「部活では平常心と集中力を培った」。佐賀大学農学部に進学し、昆虫などの生態を研究する。小城市三日月町。

 松本 由季(まつもと・ゆき)好きな言葉は「凡事徹底」。生徒会活動を通して教師への関心を深めた。長崎大学教育学部へ進学。「みんなが英語好きになる教師に」と、留学も視野に描く。佐賀市神野東。

 児島 有紀(こじま・ゆき)バドミントン部に所属しながら生徒会長も兼ね文武両道の模範的な活動を貫いた。「悩みを持つ子どもの異変に気づく養護教師になりたい」と西九州大学看護学部へ。佐賀市下田町。

 大家 雅也(おおいえ・まさや)ソフトテニス部主将を務め、全国総体にも出場を果たした。大阪体育大学体育学部に進学し「スポーツの技術や指導に関する知識を増やしたい」と意気込む。小城市三日月町。

 峯 洋輔(みね・ようすけ)野球部主将。捕手を務め、3年間の厳しい練習を耐え抜いた。「行動力が高まり、貴重な経験だった」。法律関係の学問に関心があり、国公立大学の文系を志望。小城市小城町。

 靏本 健太(つるもと・けんた)学校周囲の早朝清掃を3年間続けた。柔道部に所属し、全国総体個人戦で5位入賞。春からは広島大学教育学部。「柔道を続け、佐賀に貢献できる教員になる」。小城市芦刈町。

神埼

 野田 詩織(のだ・しおり)仲間と2年続けて手にした体育祭の優勝が一番の思い出。聖マリア学院大学看護学部に進み「優しさと思いやりを持ち、人の役に立てる看護師」を目指していく。神埼市神埼町。

 原田 皓貴(はらだ・こうき)野球と勉学を両立。夏の大会は代打で出場してヒットを放った。1級建築士を夢見て、九州工業大学工学部に進学。「周りに流されず、自分らしく学んでいく」。鳥栖市今泉町。

 片渕 優衣(かたふち・ゆい)サッカー部でゲームキャプテンを務めた。「佐賀に戻ってきて、女子がプレーできる環境をつくって指導したい」。高校と同様、愛知東邦大学でも文武両道を貫く。佐賀市東与賀町。

 西川 剛維(にしかわ・たかゆき)ソフトテニス部主将として「あきらめずに努力してつかんだ地区大会個人戦での優勝はうれしかった」。西南学院大学では留学など多くのことに挑戦していく。鳥栖市蔵上町。

 中島 凪彩(なかしま・なぎさ)書道部部長。テストの有無にかかわらず、とにかく勉学に打ち込んだ。西南学院大学では法学と語学を学び「国の安全を守る入国審査官になりたい」と目標を見据える。上峰町。

 成富 光貴(なりどみ・こうき)定期考査は学年上位を目指して努力を惜しまなかった。北九州市立大学では「小学2年から続ける野球と勉強を両立。地域に役立つ公務員になりたい」。佐賀市金立町。

 鴫山 真由美(しぎやま・まゆみ)「人前で話すのは苦手だけど、ダンスは自分を表現できる」と文化祭では全校生徒に披露。福岡県で就職し「笑顔を与え、魅力あふれるダンサー」として活躍を期す。上峰町。

このエントリーをはてなブックマークに追加