鳥栖-仙台 ドリブルで攻め込むFW田川(中央)=沖縄県糸満市の西崎運動公園陸上競技場

鳥栖-仙台 MF水野(中央)がシュートを決め、2-2とする=沖縄県糸満市の西崎運動公園陸上競技場

 沖縄県でキャンプ中のサッカー・J1サガン鳥栖は29日、糸満市の西崎運動公園陸上競技場でJ1ベガルタ仙台とのトレーニングマッチ(45分×2本)に臨んだ。1本目はFW田川亨介選手のゴールで先制したが、1-1で終了。2本目は先行され、MF水野晃樹選手の得点で追い付いたが、終了間際に逆転を許し1-2だった。

 ▽フィッカデンティ監督「苦しい時間帯でも気持ちでプレーする、というスピリットを感じることができた。開幕まで1カ月を切ったので、コンディションを整えていかないといけない」

 ▽MF水野晃樹選手「新加入の選手も戦術理解が早いし、チームとしては順調に進んでいると思う。けがに気をつけながら、プレーの質を高めていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加