【Reiko’sコメント】

 厳しい寒さの毎日、口当たりやさしく消化のよいお粥は、冬の体をあたためてくれる理想的な朝ごはんです。しょうがやネギをたっぷり入れ鶏そぼろあんをかけたお粥は、若い方でもおいしく食べられます。週末の朝は、丁寧に生米から炊いたお粥で、家族みんなであたたまってください。

 

 

 

 

 

材料】(2人分)

米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100cc

もち麦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50cc

塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2

米油(サラダ油でも可)・・・・・・・・・・・・・小さじ1

【A】

水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1000cc

鶏ガラスープのもと・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1

 

【B】

鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・120g

酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2

黒酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2        

白ネギ(みじん切り)・・・・・・・・・・・・・・・30g

しょうが(みじん切り)・・・・・・・・・・・・・10g

豆板醤(トウバンジャン)・・・・・・・・・・・小さじ1/2

 

【C】

水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・120cc

鶏ガラスープのもと・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2

しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2

 

【★】

かたくり粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2

水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ4

 

ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1

 

卵黄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個

青ネギ、クコ、松の実・・・・・・・・・・・・・・・適量

 

【作り方】

(1)洗米して30分吸水、ザルで水切りをした米を鍋に入れ、塩と米油を入れよく混ぜる。

(2)①にAを入れ、ふたをせずに強火にかける。沸騰しアクが出たらすくい、米が煮立つ程度の弱火で35分ほど煮る。

(3)フライパンに油をひかず、Bを入れて混ぜ、パラパラになるまで炒める。

(4)③にCを加え、煮立ったら水溶きかたくり粉(★)をまわし入れ、とろみをつける。仕上げにごま油を入れて混ぜる。

(5)②の粥を器に盛り、④のあんをかけ、卵黄、青ネギ、クコ、松の実などを好みでトッピングする。

 

 

 

【POINT】

中華粥は炊く前にお米を油でコーティングします。少量の油をなじませることで、米の甘みやコクが引き立ち、ふっくらとツヤよく炊きあがります。塩加減や水加減は好みに合わせて調整しましょう。

 

 

【DATA】

大間 礼子さん

「旬菜クッキングサロンREIKO」主宰。フードコーディネーター、料理研究家。

HP http://ameblo.jp/reiveg

このエントリーをはてなブックマークに追加