七山体協の青木健祐(右)から藤江博文へたすきリレー=2-3区中継所

アンカーの諸熊晶をねぎらい、握手を交わす七山体協の中島昇監督(右)=唐津市の唐津神社前ゴール(昨年の大会から)

 昨年、38年ぶりに3位入賞した七山体協が2位とさらに順位を上げた。今回から指揮を執る諸熊俊弘監督は「全員が力を出し切った。『大砲』はいないが、ブレーキもない。総合力でつかんだ」と胸を張った。

 区間賞はなかったが、3区区間2位の藤江博文を筆頭に、全員が区間一桁順位で走り抜いた。キャプテンの吉村修一が「若手の加入でチームに活気が生まれた」と言うように、若手の呼び掛けで自主練習に取り組み、チームの一体感が育った。「誰かがミスしても、全員で取り返す」という思いを共有した。

 予選落ちが一度もなく、本大会には全チーム中最多出場を誇るが、一時はシード権を逃すこともあった。ジュニアチームと合同練習を行うなど、世代を超えた育成が続く。諸熊監督は「メンバーに伸びしろはまだある」と断言する。一段ずつ階段を上る古豪が「もう一つ上」を目指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加