堀川俊英大会審判長

 前半1位だったSUMCO伊万里は、後半スタートで出遅れたものの、さらに差を広げて優勝をさらった。2位の七山体協は区間賞こそなかったが、全員が安定した走りを見せた。素晴らしかった。

 順位が何度も入れ替わるのは、見ていて楽しかった。繰り上げスタートが例年より少なく、どこかのチームが独走するわけでもない。力の差はなく練習の成果を感じた。

 一方で、このレベルで満足してほしくないという思いもある。本大会はあくまで松浦地区の大会。トラック競技大会などに出場し、県内外の選手と競い合ってほしい。全体のレベルがさらに上がることを期待している。

このエントリーをはてなブックマークに追加