パネルディスカッションで質問に答える生徒たち=CHEM佐賀6・佐賀市の青少年センター

 文化系で活躍する県内高校生が集い、日々の活動を発表するイベント「CHEM(ケム)佐賀」が、2月11日12時半から、佐賀大学(本庄キャンパス)の学生会館多目的ホールで開かれる。観覧無料。

 CHEMは「クリエイティブ高校生エヴァンジェリスト・ミーティング」の略で、7回目を迎える。高校生たちがプレゼンテーションを活用して日々の活動や成果を報告し、同世代で情報を共有し考えを深め合う。また、パネルディスカッションでは参加者同士が質問を投げかけ合い、活動の意図や普段の高校生活、将来像などについて語り合う。特別ゲストにはデジタルハリウッドで講師を務めるウェブデザイナーの栗谷幸助さんが登壇する。

 第7回の参加校は次の通り。

・牛津 起業家入門I履修者(ICTプレゼン大会団体の部・最優秀賞)

・佐賀商 平野寛子さん(ICT利活用プレゼン大会個人の部・最優秀賞)

・有田工 デザイン科(デザイン選手権・準優勝)

・佐賀商 情報処理科(レトルトカレー「極星」開発)

・牛津 川副晃さん(全国家庭料理クラブ研究発表大会・文部科学大臣賞)

・嬉野 社会福祉系列(介護コンテスト九州大会4年連続最優秀賞)

 この他、大和中学校パソコン部が特別出演、佐賀東演劇部と佐賀西サイエンス部はビデオレターで参加する。

 

協賛 学映システム

協力 佐賀新聞社

   C-REVO IN SAGA

   佐賀大学クリエイティブラーニングセンター

このエントリーをはてなブックマークに追加