佐賀商 

 石橋 諒弥(いしばし・りょうや)バレーボール部主将。春の高校バレー県大会で優勝を飾った。長崎国際大国際観光科スポーツツーリズムコースに進学し、保健体育教諭を目指す。上峰町。(商業科)

 大久保 和真(おおくぼ・かずま)在学中は努力を惜しまず、日商簿記2級や応用情報技術者の資格を取得した。佐賀大経済学部に進学し、データサイエンティストを目指す。小城市牛津町。(情報処理科)

 岡村 奈々(おかむら・なな)簿記部に所属。努力家で、目標の日商簿記2級に合格。佐賀県庁入りし、公務員の道を歩む。「人とのつながりを大切にする社会人になりたい」。佐賀市高木瀬町。(情報処理科)

 川久保 美希(かわくぼ・みき)速記部に所属し、速記技能検定1級を取得。2年生の時に春の全国大会で団体準優勝した。山崎製パンに就職し、「何事も粘り強く取り組みたい」。多久市北多久町。(商業科)

 高園 恵美(たかぞの・えみ)簿記部に所属し、3年生で最後の県高校簿記コンクールで個人1位の栄冠に輝いた。松尾建設に就職し、「まずは仕事を早く覚えたい」。小城市三日月町。(情報処理科)

 山岸 佑香(やまぎし・ゆうか)簿記部部長を務め、県高校簿記コンクールで団体優勝に導いた。佐賀銀行に就職し、「入社後に受ける試験を1回で合格したい」と意気込みを見せる。大町町。(商業科)

 豊島 我空(とよしま・がく)柔道部主将。3年時のインターハイで、個人3位に輝いた。筑波大体育専門学群に進学。「柔道で結果を残し、五輪で金メダルを取りたい」と燃える。福岡県小郡市。(商業科)

 

定時制

 古川 玲奈(ふるかわ・れいな)4年間皆勤を貫き、アルバイトと学業を両立した。佐賀牛レストラン季楽に就職し、「お客さまに佐賀の食の素晴らしさを伝えたい」。佐賀市大和町。(総合文化科)

 石黒 有里亜(いしぐろ・ゆりあ)陸上部で主将を務めた。生徒会役員として行事の企画と運営にも携わった。西九州大短期大学部幼児保育学科に進学し、保育士を目指す。吉野ヶ里町。(総合文化科)

佐賀北

 川原 嘉仁(かわはら・よしと)バスケットボール部主将。県高校総体で2連覇を果たした。高校でバスケを教えることが夢で、「生徒一人一人と向き合う、教師になりたい」。国立大文系志望。佐賀市木原町。

 檜森 友香子(ひもり・ゆかこ)1年時は英検準1級。2年時はTOEIC845点を取るなど、英語に力を入れた。長崎大多文化社会学部に進み、「地域の多文化共生に貢献したい」。佐賀市中折町。

 大串 郁人(おおぐし・ふみと)野球部主将。意見の衝突もあったが、部員をまとめることに尽力し、野球に全力で打ち込んだ。神奈川大に進学し、野球を続ける。「神宮で優勝したい」。佐賀市大和町。

 金村 多笑(かねむら・たえ)バスケットボール部主将。朝練、練習後の階段トレーニングなどが実り、県高校総体で優勝した。法政大に進学し、「英語を勉強し、旅行の楽しさを伝えたい」。佐賀市伊勢町。

 吉田 真悠(よしだ・まゆ)空手部では2年時の新人戦で、団体組手と形で優勝し、全国大会に出場。「人を世話することが好き」と話し、検察事務官が夢。西南学院大法学部に進学する。鳥栖市あさひ新町。

 中村 真奈美(なかむら・まなみ)陸上部に所属し、砲丸投げでは全国大会に出場した。品種改良に興味があり、国立大理系を志望。「新しい友達をつくり、旅行にたくさん行きたい」。三養基郡基山町。

 松本 利幸(まつもと・としゆき)声楽を専門とし、全国大会に出場した。個性豊かな芸術クラスの仲間と文化祭を全力で盛り上げた。「音楽教師になりたい」。国立大文系を志望。多久市東多久町。(芸術科)

通信制

 中村 信道(なかむら・のぶみち)建設関連の会社で働きながら、職場の支援もあり復学した。3児の父。「1級建築施工管理技士を取得し、子どもに尊敬してもらえる父親になりたい」。唐津市妙見町。

 吉永 健人(よしなが・けんと)生徒会副会長。進学補習に参加し、受験に向けて努力してきた。国立大文系志望。京都・奈良を一人旅した時に刺激を受け、「古都で日本史の専門的研究がしたい」。武雄市朝日町。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加