新春懇談会であいさつする江川会長=福岡市の天神スカイホール

 福岡市在住の佐賀県出身者でつくる福岡市佐賀県人会(江川洋会長)の新春懇親会が24日夜、福岡市の天神スカイホールで開かれた。約180人が参加し、お互いの近況を確かめ合いながら親ぼくを深めた。

 冒頭に江川会長は自身が育った唐津市浜玉町での経験を語り「佐賀への思いはみなさんも同じのはず。今年も福岡から故郷を盛り上げましょう」と呼び掛けた。舞台ではジャズライブや会員らの活動をユーモアを交えて紹介するPRタイムなどで会場を沸かせた。

 恒例の抽選会では、大町町のたろめんや熊の川温泉のペア宿泊券など佐賀ゆかりの商品が用意され、当選者が出るたびに大きな歓声が上がった。締めくくりは参加者全員が手をつないで輪になり、ふるさとの歌「栄の国から」を合唱した。

このエントリーをはてなブックマークに追加