笑顔を見せながらリフティングするFW小野裕二選手(左)とDF高橋祐治選手=27日、沖縄県の読谷村陸上競技場

サポーターと写真に写るDF藤田優人選手(中央)=沖縄県の読谷村陸上競技場

選手にリフティングを披露するようリクエストするマッシモ・フィッカデンティ監督(右)=沖縄県の読谷村陸上競技場

 沖縄県でキャンプ中のサッカー・J1サガン鳥栖は27日、読谷村陸上競技場で午前、午後合わせて約4時間練習した。午前はこれまでより短い距離で、加速を意識した走り込みを実施。その後のリフティング練習では、DF三丸拡選手は腕立て伏せを交えて場を和ませていた。午後は戦術練習を中心に、ミニゲームを行った。週末ということもあり、練習場にはいつも以上に多くのサポーターが駆け付け、選手たちはサインなどに応じていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加