柿右衛門さん(後列左)と柿右衛門賞の受賞者=有田町の曲川小体育館

 有田(ありた)町の曲川(まがりかわ)小(山口芳民校長)で19日、校内焼き物展(てん)がありました。子どもたちの自由な発想で個性(こせい)が光る作品を十五代酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)さん(49)が審査(しんさ)。各学年で最も良かった作品に柿右衛門賞を贈(おく)りました。

 学年ごとに「ゆかいなかいじゅう」「使って楽しいやきもの」などのテーマで、6月から町内の伊万里(いまり)・有田焼伝統(でんとう)工芸士や有田工高生の指導(しどう)を受けて制作(せいさく)、校内で焼き上げました。全体をカラフルに塗(ぬ)り分けたり、細部まで丹念(たんねん)に仕上げた作品がそろい、訪(おと)ずれた保護(ほご)者が見入っていました。

 「古代の器(うつわ)」のテーマで色鮮(あざ)やかなつぼを作り、柿右衛門賞を受賞した池田健太郎(いけだけんたろう)君(6年)は「多くの色を使いたかった。家の目立つところに飾(かざ)りたい」と喜びました。

 審査した柿右衛門さんは「気持ちが伝わる低学年から、学年が上がるごとに工夫(くふう)が出てくる。毎年面白(おもしろ)い作品がそろい、元気になる」と話し、入賞作を一点ずつ講評(こうひょう)しました。(20日付20面)

このエントリーをはてなブックマークに追加