人型ロボット「ペッパー」の話を聞く武雄中の生徒=武雄市の武雄中

 人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を使った情報(じょうほう)モラル授業(じゅぎょう)が18日、武雄市(たけおし)の武雄中でありました。市内の小中学校にペッパーを無償貸与(むしょうたいよ)しているソフトバンクグループが、専用(せんよう)のソフトを使って実施(じっし)。1年生や先生ら約250人が授業を受けました。

 ペッパーが生徒とやりとりした後、中学校の演劇(えんげき)部の部員同士が、スマートフォンの無料通信アプリを使って情報をやりとりするドラマを視聴(しちょう)し、使い方が間違(まちが)っている点や疑問(ぎもん)に思う点を話し合いました。

 生徒は、歩きながら、食事しながらの「ながらスマホ」はもちろん、「(会って話さず)スマホだけで問題を解決(かいけつ)しようとしている」「友人の写真を承諾(しょうだく)なくアップしている」と指摘(してき)。親が間違って触(さわ)ってトラブルが起きたことから、「(他人が使えないよう)パスワード設定(せってい)を」という意見も出ました。

 ペッパーをサポートした講師(こうし)は「スマホでの文字だけのやりとりではニュアンスが伝わらないこともある」などとアドバイスしていました。(20日付20面)

このエントリーをはてなブックマークに追加