公開授業でそれぞれ選んだ記事を紹介し、そこから会話を広げる子どもたち=武雄市の西川登小

 新聞を活用した学校教育のあり方を探る県NIE研修会が26日、武雄市の西川登小(原口常博校長)であった。公開授業のほか、本年度のNIE実践校(小中高5校)の報告もあり、参加者約20人が、新聞を生かすことで学校での多様な学びを深める方法を考えた。

 西川登小4年担任の大曲篤史教諭が国語の授業を公開した。「わたしの気になる記事・みんなの気になる記事」と題し、子どもたちがそれぞれ気になった新聞記事やその感想をもとに、班の子ども同士で会話を広げていく学びを実践した。

 子どもたちが選んだ記事は、草津白根山の噴火やサンゴの白化現象など社会性の高いものから、県内の小学生による理容師体験といった身近な話題までさまざま。子どもたちは、大曲教諭が事前に示した会話を広げるための「技」を参考にしながら、「重軽傷ってどういうこと?」「○○君はどう思った?」などと会話をつなげた。大曲教諭は「会話を続けると、いろいろなことを知ることにもつながる」とまとめ、さまざまな視点で会話する意義について新聞記事をきっかけに考えさせた。

 実践報告では、西川登小のほか砥川小(小城市)、佐志中(唐津市)、唐津西高(同)が取り組みを紹介。新聞の閲読コーナーを設けたり、新聞の構成を学び自分たちでも作ったりして「子どもたちの社会への興味関心が高まった」などとする報告があった。

 研修会は、佐賀新聞社をはじめ新聞6社と県教委などでつくる県NIE推進協議会(会長・大石達弘鳥栖西中校長)が開いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加