ラーメン風もやしみそ汁

 ラーメンの麺の代わりに、もやしをたくさん使った低カロリーのみそ料理。みそは原料である大豆に加え発酵も伴って、アミノ酸やビタミン類を多量に含み、栄養価は優れています。大豆よりも消化吸収されやすく、生活習慣病やがんのリスクを下げ、老化を防ぐといわれています。受験勉強や帰りが遅くなった時などの夜食にどうぞ。

【材料】(1人分200キロカロリー)

もやし…1/2袋(100g)

鶏ひき肉…50グラム

しょうが(おろし)…小さじ1

ごま油…小さじ1

鶏ガラスープの素…小さじ1/2

水…300ミリリットル

みそ…大さじ1強

刻みのり…ひとつまみ

こねぎ(小口切)…大さじ1

一味唐辛子(好みで)…少々

【作り方】

(1)鍋にごま油を熱し、おろししょうがと鶏ひき肉を入れて炒め、そぼろにする。

(2)鶏ひき肉に火が通ったら、もやしを加えてさらに炒める。

(3)スープの素と水を合わせて加え、沸騰したら1~2分ほど煮る。火を止め、みそを溶かし入れる。

(4)器に移してのり、こねぎをトッピングして出来上がり。

 (佐賀女子短期大学 地域みらい学科 食とヘルスマネジメントコ-ス 尾崎加奈)

このエントリーをはてなブックマークに追加