みやき町の国立病院機構東佐賀病院は2月7日正午から、同院外来棟2階で、糖尿病公開講座を開く。治療や運動療法、糖尿病食などについて専門家が分かりやすく教える。

 講座は患者や同病に関心がある人が対象。理学療法士の田中晃司さんが自宅で簡単にできる運動療法を紹介するほか、糖尿病・内分泌内科医長の那須俊甫さんが「発症する前から取り組む糖尿病の治療について」の演題で講演する。

 事前申し込みした人が参加できる糖尿病食の試食会では、管理栄養士の松谷智子さんが作った1食約500キロカロリーの糖尿病食を食べ比べできる。

 講座の参加は無料だが、試食会は参加費600円。問い合わせは同院地域医療連携室、電話0942(94)3748。

このエントリーをはてなブックマークに追加