佐賀県は、県と県内20自治体の公務員給与の水準を示す2017年4月1日現在のラスパイレス指数をまとめた。国家公務員の平均給与を100とした場合、20市町の平均は97・9で、前年より0・3ポイント増加した。県職員は100・7で0・2ポイント増だった。16年に唯一、100を超えていた佐賀市は引き続き100・6(前年比0・2ポイント増)と国家公務員の水準を上回り、吉野ヶ里町も100(同1・2ポイント増)となった。

 20市町の指数では、佐賀市が最も高く、吉野ヶ里町、伊万里市(99・2)、鳥栖市(99・0)、多久市(98・9)と続いた。最も低かったのは、大町町の95・6で、太良町、嬉野市、神埼市、上峰町が97・0を下回った。

 増減では、大町町の1・4ポイント増が最も伸びて、減少では鳥栖市の0・9ポイント減が最も下げ幅が大きかった。

 全国との比較では、佐賀市と伊万里市が全国市平均99・1を上回り、全国町村平均96・4を下回ったのは大町町と太良町の2町だった。県は全国の都道府県平均100・2を0・5ポイント上回り、順位は前年より三つ上がって18番目だった。

 一般行政職の月給(諸手当除く)は、国家公務員33万531円(平均年齢43・6歳)、県職員32万9498円(同42・8歳)、県内市町職員平均30万9700円(同41・5歳)となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加