勝部麗子さん

長岡秀貴さん

 若者支援や孤立させない地域づくりをテーマにしたシンポジウムが28日、神埼市の西九州大学神埼キャンパスで開かれる。不登校や引きこもりなど、学校や社会に居場所が見つからない若者が生きる力を取り戻すためのフリースクールを運営する長岡秀貴さん(長野県)と、地域福祉の専門職として活動する勝部麗子さん(大阪府)が講演する。

 長岡さんの学校設立までの波瀾万丈な道のりは映画「サムライフ」の原作になった。豊中市社会福祉協議会に勤務する勝部さんはNHKドラマ「サイレント・プア」のモデルになった。それぞれ「若年者支援の今後の課題と可能性とは」「孤立させない地域づくり」のテーマで話す。

 不登校やニートの状態にある佐賀県内の若い世代への訪問支援などに取り組むNPOスチューデント・サポート・フェイス(SSF)が主催する。長岡さんと勝部さんを交えて意見交換をするSSF代表理事の谷口仁史さんは「課題を感じ取った人たちの力の合わせ方や地域課題の解決法を一緒に考えたい」と話す。

 参加は無料。問い合わせはSSF事務局、電話0954(22)3423。

このエントリーをはてなブックマークに追加