大町ひじり学園の給食のご飯から見つかった金属のねじ=大町町教委提供

 杵島郡大町町の町立小中一貫校「大町ひじり学園」の6日の給食のご飯に、金属製のねじが混入していた。小学部の児童が食べる前に見つけた。健康被害を訴えている児童生徒はいない。

 町教委によると、ねじは長さ約1センチ。ご飯が多かったので容器に戻していて見つけた。全校にご飯に異物が入っていないか確認させたうえで食べた。

 ご飯はクッキングセンター佐賀(佐賀市)が学校に直接届けている。町教委は同社に調理場などの点検を指示した。米飯給食は8日にも予定されているが、点検結果を聞いて提供するかどうか決める。

 大町ひじり学園では1日の給食でも、町の給食センターで調理されたおからの中に細い金属が混入していた。混入の経緯は分かっていない。

・関連記事 クッキングセンター佐賀、改善実施後も異物混入

このエントリーをはてなブックマークに追加