南樞志

  南樞(なんすう)とは中国の明(1368~1644年)の首都南京のことです。1411年、明は北京へ遷都して最盛期を迎えましたが、その後、政治の腐敗や外敵の侵略に悩まされて衰退し、北京の維持が危うくなったことから、あらためて金陵(南京)の地位が浮上します。

 この本『南樞志』はそのころに、明の役人であった范景文(はんけいぶん)らによって編まれたもので、崇禎11年(1638年)の序を持つ刊本です。武雄にも残っています。序には、景文が故実の欠損を憂いてこの書を編み、後代に鏡たらしめ、列聖の武功文治を顕彰しようとしたことなどが記されています。

 内容は、南京を中心とした明代兵政史のようなもので、それと関連する人物列伝、南京兵部年表、芸文部等を加えて、紀伝体(天子のことを記した本紀と、臣下のことを記した列伝を主体とする歴史の書き方)に近い体裁をとっています。

 世界的にも、台湾の国立中央図書館が所蔵している93巻48冊と、武雄に残る170巻78冊の2組のみが知られる希少本です。

 明末騒乱の内に、早く散逸したと思われる本書が、どうした経緯で武雄に伝えられたかは不明ですが、江戸後期、西洋文化を積極的に導入する武雄鍋島家が、それ以前から、海外に目を向けていたこともうかがわせる貴重な書籍です。(武雄市図書館・歴史資料館 一ノ瀬 明子)

このエントリーをはてなブックマークに追加