大会への意気込みを語る江口主将(左)=佐賀市役所

 京都市で25日に開催される全国高校女子駅伝大会に県代表として出場する佐賀清和高女子駅伝チームが5日、佐賀市の秀島敏行市長を訪ね、都大路での快走を誓った。

 訪問したのは、3年の江口涼香さん、大久保優香さん、内川睦美さん、森綾華さんら選手8人。主将の江口さんは「昨年よりチームのレベルが上がった。都大路を笑顔で走り抜けたい。応援よろしくお願いします」と決意を述べた。

 秀島市長は「25日に向け、コンディションを整えるのが大変ですね。けがや風邪に気をつけてください」と激励した。

このエントリーをはてなブックマークに追加