部落差別問題などをテーマにした「第36回人権社会確立全九州研究集会」が6日、佐賀市で始まった。自治体職員や宗教関係者ら約4500人が参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加