群馬県は24日、草津白根山の噴火で死亡した陸上自衛隊の男性陸曹長(49)の死因は、背中への噴石強打による出血性ショックだったと明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加