働きやすい職場を実現するためのアイデアを出し合う参加者=佐賀市立図書館

 「働きやすい職場環境づくり」をテーマにしたセミナーが佐賀市であり、県内企業の若手社員とベテラン社員が意見を交わした。人材育成に関する現状や課題を踏まえ、改善策や必要な手だてを共に考えた。

 銀行など6社で働く入社5年以内の若手社員11人、金型メーカーや電力会社などから管理職5人が参加した。「若手が成長するために」「いきいきと仕事をするために」などのテーマで意見を出し合った。

 若手社員からは、上司に相談しやすい環境を整えることが成長につながるとして「会社の一員としての責任が芽生え、定着率も上がる」と効果が示された。ある管理職は「若い社員が何に迷い、困っているのかを把握するのが難しい」と説明し、「悩みを具体的に示してくれれば、ピンポイントで指導できる」と注文した。

 セミナーは人材育成や若手社員の定着率向上を目的に、佐賀市男女共同参画課が主催した。

このエントリーをはてなブックマークに追加