■ブランカもしびれた、佐賀を代表する冷菓

 佐賀県小城市にある竹下製菓が販売する冷菓。一風変わった名称は、同社の竹下小太郎前会長がアルプス山脈の「モンブラン」を眺めた際に、「この真っ白い山にチョコレートをかけて食べたらさぞ美味(おい)しいだろう」という着想を得たことに由来します。九州では知らない人がいないほどの定番アイスで、その美味しさはブランカもビリビリしびれてしまうほど。(税込み200円、109ミリリットル)

【メーカーからひとこと】

 誕生から49年となる「ブラックモンブラン」はチョコレートの外側にあるクランチのサクサク感が楽しめ、バニラアイスもさっぱりして長年愛されている商品です。(竹下雅崇・竹下製菓代表取締役副社長)

 ※コラボ名産品14種は、期間限定の「佐賀ット商店」で販売。

 ▷28日まで 東京・銀座プレイス3階「common ginza(コモンギンザ)」

 ▷2月13日~3月31日、佐賀市の佐賀バルーンミュージアム

このエントリーをはてなブックマークに追加