ドイツ1部リーグ、ヘルタの原口元気=2017年9月(共同)

 【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグのブレーメンが、同リーグのヘルタに所属する日本代表MF原口元気の獲得に興味を示していると23日、大衆紙ビルトが報じた。

 2014年夏にJ1浦和から加入した原口は今季、ヘルタでの出場機会が激減。同紙は、主力のサイドアタッカーを負傷で欠くブレーメンが補強を狙い、ヘルタが希望する最低50万ユーロ(約6800万円)の移籍金も支払えると記した。ドイツの今冬の移籍期間は今月31日に終了する。

このエントリーをはてなブックマークに追加