22日、北朝鮮視察団が到着したソウル駅の前で、金正恩朝鮮労働党委員長の写真を燃やす保守団体の関係者(共同)

 【北京共同】北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会は23日、韓国の保守団体が22日に金正恩朝鮮労働党委員長の写真や北朝鮮国旗を燃やしたと非難、「平昌冬季五輪に関する今後の措置を慎重に考慮せざるを得ない」と五輪参加中止をほのめかし、韓国当局に厳罰と再発防止を要求した。朝鮮中央通信が伝えた。

 保守団体メンバーらは22日、五輪に合わせた韓国公演準備のため訪韓した北朝鮮芸術団の視察団がソウル駅に到着した際、駅前で南北融和に反対する抗議行動を行っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加