リニア中央新幹線の工事を巡る談合事件で家宅捜索を受けた大手ゼネコン清水建設が、独禁法の課徴金減免制度に基づき、公正取引委員会に違反を自主申告したとみられることが23日、関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加