積雪した皇居前広場=23日午前7時59分、東京都千代田区

 22日から降った大雪の影響で、東京などでは凍結した路面での転倒が相次いだ。総務省消防庁などによると、関東1都6県の負傷者は23日までに約360人に上った。首都高速道路のトンネルでは多数の車が立ち往生。高速道路の通行止めが続き、鉄道の遅れも目立った。飛行機の欠航も相次ぎ、多くの利用客が空港で一夜を過ごした。

 首都圏各地の雪は朝までにやんだが、午前7時の積雪は東京都心で21センチ、横浜市で15センチ、埼玉県熊谷市で16センチ。

 除雪作業などをしていた群馬、埼玉、神奈川各県の4人が骨折して重傷を負った。東京消防庁によると、都内では男女229人が負傷した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加