ビジネスや社会的課題の解決に向けたデータ利用を考えるセミナー(佐賀県主催、佐賀大学経済学部・県統計協会共催)が27日午後1時から、佐賀市の同大学本庄キャンパスで開かれる。自治体が公表する統計データ、自社の顧客データを活用した事例を紹介。勘や経験だけに頼らない経営のヒントにしてもらう。参加無料。

 東京都の経営コンサルタント「アクセンチュア」の村重慎一郎シニアマネジャーら6人が講演する。全国の先進事例に加え、県が2014年度から取り組んでいるデータ活用による政策立案手法、県内企業の活用事例などを解説する。

 事前申し込みが必要で、定員200人。問い合わせは県統計分析課、電話0952(25)7037。

このエントリーをはてなブックマークに追加