【ケルン(ドイツ)共同】19~21日に行われたサッカーのドイツ1部リーグで、シュツットガルト戦で2ゴールを挙げて7戦ぶりの勝利に大きく貢献したマインツの武藤嘉紀が、22日付の専門誌キッカーと大衆紙ビルトから今節のベストイレブンに選出された。今季初。最高が1で最低が6の採点ではキッカー誌から1・5、ビルト紙から1の高評価を得た。

 ヘルタ戦にフル出場し1得点したドルトムントの香川真司と、ウォルフスブルク戦にフル出場し勝利に貢献したアイントラハト・フランクフルトの長谷部誠には、キッカー誌がいずれも2・5の比較的高い評価を与えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加