新園舎となったふたばこども園=佐賀市本庄町の佐賀女子短期大学付属ふたばこども園

佐賀市本庄町の幼保連携型認定こども園「佐賀女子短期大学付属ふたばこども園」(納富博文園長)が新築され、20日に落成式があった。行政、建築関係者ら約80人が参加し、新園舎の完成を祝った。

 園児数は現在266人で、敷地は鉄骨造平屋建て約1685平方メートル。新園舎は、事務室や保育室、遊戯室がつながっており、職員が全体を見渡せるつくりになっている。事務室や保育室などはガラス張りで、外からでも子どもを見守りやすく、保護者が職員へ声かけしやすい環境を充実させている。

 式では、納富園長が「異学年との交流がしやすく、つながりある園舎にしていただいた。健やかな成長を育んでいきたい」とあいさつ。年長組の園児ら約70人が「世界に一つだけの花」と園歌を合唱し、会場は拍手に包まれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加