報道陣に囲まれ、唇をかむ大相撲の大砂嵐関=21日夜、東京・両国国技館

 大砂嵐関

 大相撲の十両でエジプト出身の大砂嵐関(25)=本名アブデルラフマン・シャーラン=が1月初め、長野県内で車を運転中に追突事故を起こしたとして県警が道交法違反容疑で捜査していることが21日、捜査関係者への取材で分かった。当時、無免許運転だった疑いも持たれている。日本相撲協会によると、本人は運転していたことを否定している。相撲協会は内規で現役力士の運転を禁じている。

 相撲協会は緊急協議を開き、大砂嵐関らから事情聴取。協議後、春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は、大砂嵐関が22日から初場所を休場すると発表し、協会に事故を報告していなかったことも明らかにした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加