任期満了に伴い新人3人が争った嬉野市長選は21日、投開票され、元新聞記者の村上大祐氏(35)=塩田町馬場下=が7890票を獲得、商業コンサルタント会社社長の藤山勝済氏(67)=嬉野町下野=に約580票差の僅差で初当選を果たした。音楽事務所代表の岸川美好氏(69)=嬉野町下宿=は出遅れも響き、浸透しなかった。投票率は、現職と新人の一騎打ちとなった前回(2014年)を1.84ポイント下回る70.52%だった。

 当日有権者数は2万2453人(男1万369人、女1万2084人)。

嬉野市長選 特集サイトはこちら
 

このエントリーをはてなブックマークに追加