優勝を喜ぶ名古屋の選手ら=駒沢屋内球技場

 フットサルのデュアリグFリーグは21日、東京・駒沢屋内球技場でプレーオフ決勝の第2戦が行われ、リーグ1位の名古屋が同2位の町田に6―2で勝ち、2連勝で2季ぶり10度目の優勝を果たした。

 第1戦を4―2で制した名古屋は前半、ルイジーニョの強烈なシュートで先制。後半はパワープレーで反撃を試みた町田の無人のゴールを狙って追加点を奪い、終盤にも加点した。

 女子Fリーグの決勝第2戦は神戸が府中を4―1で下し、2勝で初代女王となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加