米粉でできたパンを販売するベーカリー「こめひろ」=2017年12月、東京都武蔵野市

 米粉用米の生産量の推移

 小麦粉の代用になる米粉の需要が伸びつつある。パンや麺類に使いやすくなり、小麦アレルギーに悩む人が原因物質とされるグルテンを避けようと、積極的に製品を選んでいる。健康志向を理由にグルテンを摂取しない食生活が海外発で広がり、輸出拡大への期待も熱い。政府は主食用米の余剰解消に役立つとみて普及を後押ししている。

 2009年に米粉利用を促す法律が施行され、11年の米粉用米の生産量は3万6842トンを記録した。勢いはいったんしぼんだが主食用米からの転作交付金もあって、17年は9月15日時点の計画で前年比49%増の2万8331トンに復調し「米粉メーカーの生産も増えている」(農林水産省)。

 近年は欧米の著名人らが健康に良いと「グルテンフリー」を提唱。効果に議論はあるものの、グルテンを含まない米粉への注目度が高まった。農水省は17年3月、菓子・料理、麺、パンという用途別の品質基準や、グルテン添加の有無といった表示の指針を設定。生産コストの低減はなお課題だが、企業と組んで商品情報を発信している。

 グルテン抜きだとパンが型崩れしやすかったが、難点を克服するコメの品種開発が進み、製品を扱う店も増えてきた。

 ベーカリーの「こめひろ」(東京都武蔵野市)は新潟、栃木県産などの米粉だけで作ったパンやドーナツが人気で、自身も小麦アレルギーの浅岡庸大店長(38)は「アレルギーでもおいしいパンを味わってほしい」と願う。10年の開店時よりもグルテンフリーへの関心が高いといい、子連れの30代女性が多く訪れる。

 小城製粉(鹿児島県薩摩川内市)は14年からドイツを中心に米粉を輸出。味の良さを売り込む能勢勝哉社長は「消費者のニーズは伸びており、他の欧州諸国にも輸出したい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加