【パリ共同】フランスの原子力規制機関、原子力安全局(ASN)は5日、重要設備の部品に強度不足の疑いがあるとしてフランス電力(EDF)に検査を指示した原発計12基のうち、10基について「稼働を認可しうる」と判断した。いずれの原発も大型鋳鋼品メーカー「日本鋳鍛鋼」(北九州市)が製造した部品を使用している。ASNが声明で明らかにした。

 残る2基はさらに詳細な検査を続ける。また、稼働に問題がないと判断した10基中3基については、EDFに追加データの採取、提出を求めた。ロイター通信によると、EDFは今月31日にも7基の運転を再開する方針。

 ASNは6月、金属をたたいて延ばす「鍛造」という製法で日本鋳鍛鋼が製造した部品に、炭素が基準値より多く含まれ、強度不足につながる可能性があると声明で指摘。EDFなどは12基のうち、10月までに7基の検査に着手したが、4基の部品で炭素濃度が基準を超えている疑いが強まったため、ASNは10月18日、運転中だった5基も前倒しで検査するよう指示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加