卓球の全日本選手権の男子ダブルス決勝で水谷隼、大島祐哉組(木下グループ)が上田仁、吉田雅己組(協和発酵キリン)を3―1で下し、初優勝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加