陸運発展の可能性に着目 その顕彰碑は、JR鳥栖駅東側の広場の一角にある。刻まれている名は「八坂甚八」。鹿児島線と長崎線の分岐点や鳥栖機関区の整備に協力し、「鉄道の町・鳥栖」の礎を築いた実業家だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加